警察Q&A交番・駐在所
交番・駐在所
「交番」という名前の由来は何でしょうか。
明治7年に東京警視庁に「交番所」がはじめて設けられましたが、当時は、警察官が警察署から特定の場所に出向いて、交替で立番をするかたちをとっていました。「交番所」の名称の由来は、「交替で番をする所」ということから「交番所」といったものと思われます。

この交番所はその後、建物を建てて、そこで仕事をする現在の形に変わりました。明治21年10月に「派出所」、「駐在所」という名前で全国統一されましたが、警視庁創設当時 「交番所」という名称がそのまま「交番」という呼び名で残りました。

なお、「交番」という呼び名が市民の間に定着し、国際語としてもそのまま通用するほどになっていることから、正式名称も「派出所」から「交番」に改められることになりました。


交番制度が生まれた国はどこですか。
町の中に交番の建物を置き、そこを中心に制服の警察官が活動するという制度は、明治7年に日本(東京)で生まれました。

当初は、建物はなく、街中の交差点などに警察署から出向いて街を守っていたのですが、雨の日や風の日など大変だったので、明治14年から交番の建物が建てられ、今のような制度で活動することになりました。

現在では、交番制度は、シンガポールに輸出されるなど、地域住民の安全を守るために日本警察が作った世界に誇るシステムとして、日本警察の大きな特徴となっています。


交番と駐在所はどこが違うのですか。
交番や駐在所は、地域住民の身近なところにあり、そこにお巡りさんが勤務して、地域住民のみなさんの暮らしの安全を守る活動をする拠点となっています。

交番は、主として都市部に置かれ、お巡りさんが交替で警戒活動を行っています。

駐在所は原則として、一人のお巡りさんが家族と共に地域に居住し、地域の安全を守る活動を行っています。

交番と駐在所は、両方合わせて現在、全国で約1万5000か所あります。


交番・駐在所の警察官は、どんな活動をしているのですか。
一般的に「警ら」、「巡回連絡」、「立番」、「在所」という勤務があり、時間でパターンを決めて活動しています。

警ら
パトロールのことで、管内を徒歩や自転車・バイク・パトカーで巡回します。警らしている警察官の姿を見て悪い人が犯行をあきらめるかもしれませんし、挙動の不審な人については職務質問をして、悪いことをしていれば逮捕することもあります。

巡回連絡
家庭や事務所を訪問することです。

立番
交番・駐在所の近くの交差点などに立って、道案内や交通指導取締りをします。

在所
交番・駐在所の事務所の中で勤務することで、落とし物の受理や困りごとの相談などを受けます。

その他、事件や事故が遭ったら無線で指令を受けて現場へ急行します。また、住民からの相談や要望の処理のため、駆け回ることもあります。


交番・駐在所の警察官は何のために家庭や事業所の巡回連絡をするのですか。
巡回連絡は、警察活動に対するご意見やご要望をうかがったり、犯罪や事故の防止について必要な連絡を行っていますので、質問や意見、不安なことがありましたら、その際にお話ください。

交番・駐在所に警察官がいないときは、どうしたらいいのですか。
交番・駐在所の警察官は、パトロールや巡回連絡又は事件・事故の処理のため、しばしば交番・駐在所を留守にすることがあります。

事務所内のカウンター上に、不在の場合の連絡方法が記載してありますので、これに従って連絡してください。


[警察Q&A] INDEX警察の仕事採用装備品等
不法就労交番・駐在所犯罪と刑事
交通

関東管区警察局