文字サイズ: 標準 拡大
背景色:

研修制度は?

採用時、昇任時及び各種専門教養

採用1年目には、各県警察学校、東京都府中市にある警察大学校附属警察情報通信学校
での研修のほか、配属先での職場実習を行うなど、職員として必要な基礎的な技術・知識を
身に付ける期間として位置づけています。
特に警察情報通信学校での採用時研修では、技術系職員は概ね3ヶ月間、事務系職員は
概ね1ヶ月間、情報通信に関する知識がない人でも業務に支障がないよう、基礎的な知識や
技術について丁寧な教育を受けることができます。
その後も、より高度な技術、事務能力を身につけるため、専門的な研修コースが用意されて
おり、情報通信部門のプロフェッショナルを養成していきます。
 

一枚目:警察大学校、警察情報通信学校全景 二枚目、三枚目:警察情報通信学校における授業風景

さらには、各役職(主任、係長、課長補佐、課長)への昇任時にその役職に応じて、関東管
区警察学校、警察情報通信学校及び警察大学校において、組織の監督、管理者として必要
となる能力を養成する研修コースも設けられています。
そのほかにも、他省庁(人事院、総務省、財務省等)が主催する研修コースを受講する機会
もあります。

国内、海外留学

情報通信技術は、日々進歩しており、この技術の進歩は国民に豊かさをもたらす反面、その技術を悪用した新たな犯罪を生み出す恐れもあります。これらの脅威から国民生活を守るためには、常に最新の情報・技術を入手することが重要です。

こうしたことから、警察庁本庁では、警察活動に活用できる情報通信技術を習得、研究するため、積極的に職員を国内・国外の大学機関、研究機関等への派遣を行っており、毎年、警察庁より国内、海外留学に関する募集がなされております。

  • 人事院行政官在外研究員、人事院行政官国内研究員制度による留学
  • 警察庁本庁における海外留学制度等
ページのトップへ戻る